« シーツを洗う日 | メイン

差別って言われても・・

映画「風と共に去りぬ」は、差別映画だって言われますけど、そこが焦点ではないし、
そうやってみてしまうと、あの映画の良さがなくなってしまう。
あの時代はあの描写でしょうがなかったんじゃない?
ただ、映画はヒットしてアワード取っても黒人の俳優さんは同じ舞台に立てなかった、
待合室にいた、とか、そういうのを聞くと心が痛みます。
それも、あの時代はしょうがなかった、、、のかもですが。
今はそんなことはないと思いたいし、あってはならない。
でも映画の内容は、差別、、、ってよりもセンセ王の中の恋愛物語で、
そこでの描写がったってだけ。
あれはあれでいいと私は思ってます。
私もなんどもみてますが、そんな目で見たことがないんです。
確かに、奴隷が、白人家族のためにうちわを仰ぐシーンとかあったけど、
それをカット、、、って、なんかおかしい。
今は、不快感を覚える人が多いのならカットしてもいいけど、
あれはあれ、ですよ。
そう思いません?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.usernotfound.com/mt3/mt-tb.cgi/96

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2021年07月01日 17:48に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「シーツを洗う日」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38