« 有休の使い方 | メイン | ワビ・サビ »

DVDは全部同じじゃない

DVDを外国で買ったとすると、リージョン・ナンバーというのがあって、
これが同じじゃないと日本で見る事ができません。
おなじであれば問題なく見る事は出来ますが、
日本で同じ、、、例えば映画を買ったとしても、編集の仕方が違っていたりとか、、あります。

なので同じ映画をあちこちで買ってみると、とても面白い、ということがあるんです。
こんなことする人はあまりいないでしょうけど、わつぃは時々します。

編集されている部分があって、そこは、こっちで買ったのでは見れるけど、
あっちのではなかったな、という具合。
それが何?・・かもしれませんけどね。私は楽しいのです。

字幕も、英語のみじゃなくていろいろな言語が選べたり。
時間があれば全部の言語で見てみたいとさえ思う。

映画を見るのは好きですが、字幕の翻訳者によってこうも解釈が違うのか、、、などもあります。
字幕翻訳者を見てから買う事もあります。

まー外国のはだいたいが戸田奈津子さんなんですけどね。
彼女のことを悪く言う人もいますが、わたしは好きですよ。

シンプルでいいんです、字幕が。
分かりやすいといえば分かりやすい。

でも、最後に翻訳者の名前がクレジットで出て、戸田さんだと、ブーイングする人もいるって聞きました。
その理由がよく分かってません。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.usernotfound.com/mt3/mt-tb.cgi/77

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2019年12月01日 16:24に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「有休の使い方」です。

次の投稿は「ワビ・サビ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38